建物の快適性・利便性を追求したライフラインの提供や
環境に配慮した環境関連商品の提供に取り組んでいます。
  • HOME サイトマップ
  • お問い合わせ

IRポリシー

1.基本方針

当社は株主・投資家の皆様と長期的な信頼関係を構築することを経営の最重要事項のひとつと位置づけます。投資判断に必要な企業情報は株主・投資家の皆様に公平かつ適時に提供するとともに、建設的対話を通じて企業価値向上に資するIR活動を実践し、信頼関係の継続的な深化に努めます。

2.情報開示の方法

東京証券取引所の定める適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所が提供する東京証券取引所の適時開示情報システム(TDnet)を通じて行います。また、開示後には同一の内容を速やかに当社ウェブサイトに掲載いたします。

3.情報開示の基準

当社は株主・投資家の皆様に対し、会社法・金融商品取引法などの関係法令、証券取引所の定める有価証券上場規程などに従って情報開示を行います。また、意図せず限定された形で重要情報が開示された場合にも、速やかに公表を行います。

4.IR活動に係る体制

当社は個別取材の対応や機関投資家・アナリストに向けた説明会を通じて、株主・投資家の皆様とのコミュニケーションを図ります。なお、情報開示責任者は管理本部長、IR担当部署は管理本部総務部が担当しております。

5.インサイダー取引の未然防止

当社は重要情報を適切に管理してインサイダー取引の未然防止を図るため社内規程を整備し、社員に周知徹底を行っております。また、投資家との対話の場には、必ず複数名が出席することで、不正な情報漏洩等の防止に努めています。

6.業績予想及び将来の予想に関する事項について

当社が開示する情報のうち業績予想並びに将来予測は、現時点で入手可能な限られた情報に基づき当社で判断した予想であり、潜在的なリスクや不確実性が含まれております。そのため様々な要因により、実際の業績等が変動する可能性があることをご承知おきください。実際の業績に影響を与えうる重要な要素には、当社の事業を取り巻く経済情勢、市場環境、競争状況などがあります。

7.沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するために沈黙期間を設けております。原則として、本決算、四半期決算ともに決算期末日から決算発表日までを沈黙期間としています。この間、決算に関するコメントや質問に対する回答は差し控えますのでご了承ください。