建物の快適性・利便性を追求したライフラインの提供や
環境に配慮した環境関連商品の提供に取り組んでいます。
  • HOME サイトマップ
  • お問い合わせ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
当社は、1934年に管工機材の専門商社として創業しました。
長年培われた高い技術力と豊富な経験、全国26カ所を有する事業所のネットワークを活かし、快適な建物環境の実現を目指してまいります。

管材事業とシステム事業を連携させた相乗効果

当社の最大の特徴は、建物の管工機材の販売(管材事業)と建物内部のシステム制御工事(システム事業)を、同時に提供できる点にあります。
管材事業とシステム事業が連携して建設プロジェクトに取り組む事例は、同業他社においてはあまり見られません。
二つの事業が連携することにより、着工前の早い段階から営業展開を進めることができるのも当社の強みであると考えております。
また、これら二つの主力事業に加え、1990年代後半には省エネ・省資源を目的とした環境機器事業を開始しました。近年の環境意識の高まりに対応し建築設備において環境に配慮した商品提案・販売にも力を入れております。

代表取締役社長 市原 伸一

お客様の課題解決をサポートする技術力

当社の強みは、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士、電気工事士、計装士、消防設備士、エネルギー管理士など、国家資格・公的資格を有する技術者が数多く在籍することです。現在、当社のシステム事業には技術社員1人当たり2.6個の公的資格を取得させております。また、技術力向上のためにメーカー研修や階層別の研修を実施しており、技術力の高い社員が直接、お客様にご提案・サポートすることで大きな信頼をいただいております。

代表取締役社長 市原 伸一

経営理念である「信頼」を重視

当社では「信頼・進取・創意」を経営理念に掲げております。これらの三つの中で、私が特に重視するのは「信頼」です。例えば、居室の空調環境を維持しつつ消費電力量を抑制するご要望にも、お客様の視点に立って課題を解決していくことが求められます。こうして一つひとつ信頼を積み重ねていくことが企業の評価に繋がるものと考えております。

事業の地盤を固め、さらなる成長を目指す

企業価値の一層の向上を目指して、創業以来培われてきた知識とノウハウを全社員で共有し、一人ひとりが質の高い提案に努めることで、当社は三つの柱である「管材事業」「システム事業」「環境機器事業」の地盤を強化してまいります。

そして、さらなる技術力の向上と業務効率の改善に取り組み、日々移り変わる社会やお客様のニーズに高い付加価値を提供し続け、明日の社会に貢献できる企業へと成長するために、全社一丸となって邁進する所存です。