建物の快適性・利便性を追求したライフラインの提供や
環境に配慮した環境関連商品の提供に取り組んでいます。
  • HOME サイトマップ
  • お問い合わせ
  • 制御システムの設計・施工・保守

    システム事業

施工事例

ここでは、当社の自動制御システムをご利用いただいている建物についてご紹介しています。
ご興味のある建物・システムをご覧ください。

ダイバーシティ東京プラザ
ダイバーシティ東京プラザ ダイバーシティ東京プラザ

東京臨海副都心の立地を活かし、訪れるたびに新たな魅力に出会える「劇場型都市空間」をコンセプトに154店舗が入居する地下1階地上9階建45,300平方メートル、駐車場台数1,400台の大型商業施設です。エリア最大級のフードコート「東京グルメスタジアム」(700席)や、目で見てたのしめるレストランゾーンなどバラエティ豊かな食のエンターテイメントもあり、驚きや感動を体感できる"東京の新名所"となっております。

導入システム

建物の空調熱源には地域冷暖房が採用されており、DDC制御による空調機、外調機とファンコイルユニットを組合せた温度制御を行っております。
中央監視装置はBMS(ビルマネジメントシステム)対応となっており、省エネ・省力化を行い快適な環境が提供されています。

ダイバーシティ東京プラザ ダイバーシティ東京プラザ
那須ガーデンアウトレット
那須ガーデンアウトレット 那須ガーデンアウトレット

193,000平方メートル(東京ドーム4個分)の敷地に、2012年夏には39のショップが加わり148店舗にスケールアップした当施設は、ハワイの「ロコ」を基調としたリゾート型アウトレットモールです。
ファッション・インテリア・スポーツ&アウトドア・フード・カフェ・レストランなど多数の店舗がみられるほか、地元生産者による新鮮な野菜や特産品を販売する「ロコ・マーケット」、家族と愛犬で楽しめる「ドッグ・ガーデン」、全長約500mの並木とせせらぎなども存在し、四季折々の那須の自然も楽しむことができます。

導入システム

独立した23棟の建物からなる当施設を中央監視装置で一括管理するため、通信幹線で各棟を結び、空調・衛生・電気設備の監視・管理を実施しています。
BMS(ビルマネジメントシステム)の導入により、各テナントの電気・ガス・水道の使用量は毎月自動検針・集計されており、快適な空調環境の提供のほかに、運営管理業務でもサポートシステムを提供させていただいております。

那須ガーデンアウトレット 那須ガーデンアウトレット
伊香保温泉ホテル木暮
伊香保温泉ホテル木暮 伊香保温泉ホテル木暮

400年の歴史を持ち、北関東最大級1,300坪の湯殿を有する上州伊香保の老舗温泉旅館です。伊香保の源泉である「黄金の湯」から総湧出量4分の1強、毎分1,000リットルの湯量を引き込む湯殿は収容人数200名、浴場広さ600平方メートルの規模となっております。建物は地上7階建・客室数114室のほか、宴会場・コンベンションホールを完備し、駐車場は車300台・バス40台の規模を誇る伊香保温泉で有数のホテルです。

導入システム

客室は外調機と個別ファンコイルによる空調、大宴会場・展望ロビーは空調機による冷暖房を採用しており、各DDCからの情報は中央監視装置による一括管理と監視により、省力で快適な空調環境を実現しております。
また、露天風呂をはじめ数種ある大浴場の温度を監視しており、快適な温度環境の維持をお手伝いしております。近年、中央監視装置の更新によるデータ管理機能の向上を実施されており、さらに安全で快適な設備環境となっております。

伊香保温泉ホテル木暮 伊香保温泉ホテル木暮
富士重工業健康保険組合 太田記念病院
富士重工業健康保険組合 太田記念病院
『撮影:川澄・小林研二写真事務所』
富士重工業健康保険組合 太田記念病院
『撮影:川澄・小林研二写真事務所』

2012年に群馬県太田市に移転新築した、富士重工業健康保険組合が運営する地上1階~7階建400床の総合病院です。当病院は群馬県東毛地区の第三次救急病院であり、地域救命救急センターも設置されています。同時期に竣工した太田高等看護学院も併設され、「思いやりの心で行う医療」を理念に地域医療に貢献されています。

導入システム

熱源はモジュールチラー2台とガス焚吸収式冷温水機2台の複合型熱源システムとなっており、その台数制御は熱源台数制御コントローラが行っています。また、空調機の制御はDDC制御となっています。各病室の冷暖房はEHPでおこなっており、当社導入の中央監視装置によって約600台のEHPを集中監視しています。中央監視装置システムにはBEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム。ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステム)も接続されており、病院のエネルギー管理に貢献しています。また、インフォメーションパネルが1階ホールに設置され、病院の省エネルギーの取り組みについて患者様や来院さた方々に情報を発信されています。

富士重工業健康保険組合 太田記念病院
『撮影:川澄・小林研二写真事務所』
富士重工業健康保険組合 太田記念病院
『撮影:川澄・小林研二写真事務所』
愛知医科大学病院
愛知医科大学病院 愛知医科大学病院

愛知医科大学病院は愛知県長久手市にある愛知医科大学の付属大学病院です。新病棟は地下1階、地上15階建ての免震構造で800床、延べ床面積約86,000平方メートルを有し、平成26年5月に開院を予定しています。

導入システム

愛知医科大学病院敷地内にある各建物全体の空調・熱源・衛生設備管理を中央監視装置にて一元管理する事で、各設備機器の運用管理とエネルギー管理システム構築の為に必要なデータ収集を行っています。
中央監視システムは、各建物毎にコアサーバーを設置し、施設系共用ネットワークにてBAC-net通信を行っており、メインサーバーに於いては二重化対応にてシステムのバックアップを行っています。表示部については、大型モニターでの表示及び操作も可能となっているため、運転状況等の確認が多人数で同時に行えるなど、設備維持管理における運用効率の向上が期待されております。

愛知医科大学病院 愛知医科大学病院
愛知医科大学病院
日本赤十字社 大森赤十字病院
日本赤十字社 大森赤十字病院 日本赤十字社 大森赤十字病院

日本赤十字社東京都支部が東京都大田区に設置する地下2階地上8階建約22,000平方メートル、病床数344床の急性期病院。武蔵野赤十字病院に次いで、日赤東京都支部2カ所目の病院として1953年7月に開設されました。2010年5月に新病院に移転、2011年10月に全面開院。

導入システム

中央監視装置により、各棟の空調・衛生・電気設備の集中監視を行っています。中央監視装置は1階の防災センターにあるメインシステムと地下2階にあるサブシステムとに分散して設置。熱源設備・外調機・ファンコイルユニットの制御・監視を行っています。中央監視装置はリモートメンテナンス接続がされており、BAS診断、ファイルセーブ、データサービスが全て自動化。エネルギ―使用目標に対する進捗管理と快適性の評価がフルタイムで行われています。

日本赤十字社 大森赤十字病院 日本赤十字社 大森赤十字病院
日立製作所ひたちなか総合病院
日立製作所ひたちなか総合病院

ひたちなか総合病院は、2010年に新病院棟を建設し水戸総合病院から名称を変更した日立製作所の企業立病院で、2011年5月に茨城県から地域医療支援病院に認可されました。
『地域を護る病院』として説明責任を基本とした最新の技術とサービスを提供し、患者さんが納得・満足される医療を遂行する、を理念としています。
29の診療科及び認可病床数302床を有する総合病院です。

導入システム

建物内部施設の空調設備はデジタルコントローラによる自動制御を実現しており、空調の監視は中央監視装置により統合管理されております。中央監視装置及び自動制御設備で常に快適な環境を維持しています。

日立製作所ひたちなか総合病院 日立製作所ひたちなか総合病院
あいち産業科学技術総合センター
あいち産業科学技術総合センター あいち産業科学技術総合センター

愛・地球博会場跡地に整備された地上3階建15,000平方メートルの研究開発拠点です。同センターは、産学行政の連携による共同研究開発から、企業の研究開発・計測分析支援、中小企業の技術的課題の解決までを担う総合的技術支援機関です。「知の拠点あいち」の中核施設として、産学行政の連携による共同研究プロジェクト等を推進しています。

導入システム

空調設備においては研究室にてドラフトチャンバー(フュームフード)の開度検知により瞬時に風量変動制御をし、ドラフトチャンバー本来の目的である作業者の安全(汚染物質の暴露防止)に重点を置いた高性能VAV(可変風量方式)の採用と、マニフォールドシステムの採用によりダクト・ファンの集約化によるコスト低減、省エネルギー化及び安全性の高い設備が構築されています。

あいち産業科学技術総合センター あいち産業科学技術総合センター
あいち産業科学技術総合センター
岩手医科大学マルチメディア教育研究棟
岩手医科大学マルチメディア教育研究棟

本施設は東日本大震災後、今後も継続する被災地の医療支援活動の拠点として、また、様々な災害に対応できる人材の育成に資するために整備されました。免震構造を採用、15,000リットルのオイルタンクによる非常用発電装置、全県の医療情報を一括管理できる機能及びこれをバックアップするための無停電装置が設置されています

導入システム

熱源となる冷温水発生機は3台設置されており、将来の1台増設が可能となっております。冷温水発生機・冷温水ポンプは熱量・流量による台数制御、ポンプにはインバーターを設置した運転周波数制御を行い、省エネルギー化を図っています。各階には空調機・ファンコイルユニットが設置され冷暖房を行っています。空調機は室内CO2濃度によって必要最小限の外気を取り入れるようモーターダンパーの制御が実施されています。中央監視装置は別棟の管理棟に設置されており、熱源・空調・電気設備等の遠隔操作・状態警報監視を行っています。

岩手医科大学マルチメディア教育研究棟 岩手医科大学マルチメディア教育研究棟
関東圏某大学医学部
関東圏某大学医学部 関東圏某大学医学部

関東圏に位置する敷地面積約160,000平方メートルを誇る某大学医学部です。敷地内には医学部附属病院、医学部医学科、医学部保健学科があり、約30棟からなる建物がある広大な施設となっております。各施設では日々、最先端の医療、研究、教育が実施されています。

導入システム

中央診療棟、各病棟の熱源システム、空調システムは中央機械室に設置してある空調用中央監視装置により集中監視されています。中央機械室には熱源コントローラが納入されており、各棟に搬送されている冷水、温水を適正な水量でコントロールしています。また、中央診療棟、各病棟等の空調機はDDC制御が行われており、自立分散型制御による安全信頼性、快適性、省エネ化を実現しています。

関東圏某大学医学部
早稲田大学 63号館
早稲田大学 63号館 早稲田大学 63号館

創立125周年記念事業として西早稲田キャンパス(旧大久保キャンパス)に建設された地下2階地上7階建23,451平方メートルの建物です。 理工メディアセンター、実験室、研究施設、カフェテリア、大教室、研究室が設置されています。 高田馬場駅から同キャンパスへ向かうときには、戸山公園を抜けるとまずこの校舎が目に入ります。

導入システム

熱源にはターボ冷凍機による蓄熱槽システムや冷温水発生機を含め、省エネが考慮された設計となっており、安定した熱供給が実施されています。
空調にはDDC制御による空調機、外調機とファンコイルユニットが組み合わされ、温度制御を行っております。
中央監視により常時の省エネ・省力化が図られ、快適な室内環境を維持しております。

早稲田大学 63号館 早稲田大学 63号館
協和発酵キリン株式会社 高崎工場
バイオ生産技術研究所
協和発酵キリン株式会社 高崎工場 バイオ生産技術研究所 協和発酵キリン株式会社 高崎工場 バイオ生産技術研究所

協和発酵キリンは2008年に協和発酵工業株式会社とキリンファーマ株式会社が合併して誕生しました。高崎工場は敷地面積125,122平方メートル、バイオ生産技術研究所を含む計15棟からなる施設で構成されています。同工場は、バイオ医薬品を中心とした国際的な基準であるGMP(Good Manufacturing Practice 医薬品の製造と品質管理に関する国際基準)に対応した、最先端の医薬品生産工場です。

導入システム

高崎工場、バイオ生産技術研究所は計15棟からなる施設で構成される医薬品開発・生産の一大拠点であり、各棟はデジタル指示調節器、DDC制御等により精密な温湿度制御、室圧制御が実施されています。当社では空調自動制御の施工以外に、空調用デジタル指示調節器をはじめ、各種空調用センサーの定期的な校正も行っています。また、空調中央監視装置とFDA (米国食品医薬品局)の「21 CFR Part11」に準拠したGXP サーバーも導入されており、医薬品の開発・製造に不可欠な環境データの管理も実施されております。

協和発酵キリン株式会社 高崎工場 バイオ生産技術研究所 協和発酵キリン株式会社 高崎工場 バイオ生産技術研究所
豊田合成株式会社 本社ビル
豊田合成株式会社 本社ビル

豊田合成株式会社は、愛知県清須市に本社を置き、ゴム・樹脂やLEDなどの高分子・光半導体分野の専門メーカーとして培った知見を活かし、各種自動車部品やLEDの開発を手がけています。

導入システム

隣接する工場棟から供給される蒸気を利用した吸収式冷温水発生機を熱源に持ち、各空調機にはインバータを設置して中央監視装置が監視・制御することで、きめ細かな運用管理と省エネを実現しています。

豊田合成株式会社 本社ビル 豊田合成株式会社 本社ビル
参議院新議員会館
参議院新議員会館 参議院新議員会館

国会議事堂の北西に位置する同建物は、2010年6月に完成した地下3階地上12階建95,000平方メートル、議員執務室242室を有する建物です。
旧来の議員会館に比べて執務室は2.5倍の広さとなり、機能性が大きく向上しております。

導入システム

熱源には、ターボ冷凍機による蓄熱槽システムや冷温水発生機が採用されており、安定した熱供給を行っております。
空調は、各執務室ごとにVAVユニット(可変風量方式)による空調機が設置されており、中央監視装置にはBMS(ビルマネージメントシステム)も採用しております。省エネ、省力化を行い、快適な環境をご提供しております。

北洋大通センター
北洋大通センター 北洋大通センター

旧北海道拓殖銀行の本店ビル跡地に建設された、オフィスビルとしては大通地区で初の高層ビル。地下4階地上19階建59,000平方メートルの近代的インテリジェントビルで、地上4階から地下2階は約30店舗からなる「大通ビッセ」として商業店舗が入居しています。札幌市民の憩いの場である大通り公園に誕生した、札幌の経済のシンボル的建物です。

導入システム

地域冷暖房とダブルバンドル冷凍機による熱源をもとに、蓄熱方式によって空調を供給。 中央監装置で、空調・衛生・電気設備を一括管理し、BEMS(ビルエネルギーマネジメントシステム ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステム)導入により、省エネ管理を実施しています。

北海道旧庁舎
北海道旧庁舎 北海道旧庁舎

四季折々に赤く映え、美しい姿を見せている北海道庁旧本庁舎は「赤レンガ」の愛称で親しまれ、昭和44年重要文化財に指定された北海道のシンボル。

導入システム

赤レンガ庁舎、議会庁舎、本庁舎の空調関係を中央監視盤で集中管理し省エネ、省力化を図っています。保守管理により、快適な空間を維持しています。

北海道旧庁舎
中尊寺新覆堂及び中尊寺宝物殿讃衡蔵
中尊寺金色堂(新覆堂)及び中尊寺宝物殿讃衡蔵 中尊寺金色堂(新覆堂)及び中尊寺宝物殿讃衡蔵

2011年6月に「平泉の文化遺産」として世界遺産登録された中尊寺は、17院で構成される天台宗の寺院です。新覆堂は、国宝建造物第1号として指定される金色堂を納めた建物で、鎌倉時代に建造された旧覆堂に代わって建設されました。宝物殿讃衡蔵は、「奥州藤原三代の偉業を讃える宝蔵」として、三千点を超える国宝・重要文化財を保管し、展示室では仏像・仏具、経典・書画や藤原氏の副葬品を拝観いただけます。

導入システム

新覆堂の温湿度は、遠隔監視装置による24時間管理を実施しています。
また、宝物殿讃衡蔵は、中央監視装置により空調機の遠方監視、各収蔵庫・展示室の温湿度を24時間管理しております。

名古屋港水族館
名古屋港水族館

2001年に名古屋港ガーデンふ頭に建設された公立水族館です。総水量24,600tの水槽を持ち、収容数3,000名の世界最大級メインプールでは臨場感あふれるイルカショーを観覧できます。黒潮大水槽、水中トンネル、ウミガメ、ペンギンが人気で、展示生物は540種・36,000点。巨大スクリーンによるオーシャンシアターも楽しめます。

導入システム

水族館の命ともいえる水槽の水を循環・ろ過させる為の巨大な装置廻りに無数の電動弁を設置し制御されています。

名古屋港水族館 名古屋港水族館
群馬県立近代美術館
群馬県立近代美術館 群馬県立近代美術館

群馬県立近代美術館は高崎市の県立公園群馬の森の中にある、1974年に開館された県立美術館です。美術品の収集と保存のみでなく、調査研究、解説会や講演会をはじめとした教育普及事業が実施されています。1998年には現代美術棟を増築、2008年には大規模な設備改修が実施され、美術館の魅力が増進されています。

導入システム

熱源である吸収式冷温水発生機は、熱源台数制御コントローラにより台数制御を実施しています。また、搬送ポンプはインバータ化されており、同じくポンプ用台数制御コントローラにより制御を実施、省エネ化が実現されています。各展示室の空調機はDDC制御が採用され、機能分散型の空調システムが採用されています。各DDCは中央監視装置により集中管理され、管理運用の省力化・効率化が図られています。

群馬県立近代美術館 群馬県立近代美術館